fc2ブログ

さわやか音楽会に出演して

 今回は少し難しいかもしれないと不安がありましたが、無事に発表まで参加させていただけたことを嬉しく感じています。

 これまで各先生にご指導いただいた混声合唱曲も皆忘れがたいものばかりですが、羽根先生の下で林光さんの作品に取り組んだことは非常に良い経験となりました。

 特に「うた」や「ねがい」に込められた閉塞感と向き合いながら沸き上がるエネルギーを昇華させていくかのような表現は世代や状況を越えて強く響くものがあったと思いますが、それだけに内容や気持ちに力の届かないもどかしさを覚えることも少なくありませんでした。

 音取りや出だしのタイミング、強弱のバランス、滑舌など毎回多くの課題が出てきましたが、練習を重ねるごとに全体のエネルギーが高まり、羽根先生が最後まで最大限の可能性を引き出してくださって(「赤い、花」は今もつい口ずさんでしまいそうになりますが(笑))自分の思い、皆さんそれぞれのさまざまな願いが桂先生のカデンツァに届いたように感じた瞬間、胸がいっぱいになりました。

 慣れ親しんだ歌との別れはいつも寂しいですが、混声合唱で身につけたことを思い出しながら再び新たな気持ちで第九に挑戦したいと思います。(田端泰子)
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

getterfunken

Author:getterfunken
名張第九を歌う会
ホームページ

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line