fc2ブログ

「なつかしい校歌をたずねて」を聴いて

 最近、心に残ったのは「伊賀・赤まんまの会」の菅生先生を中心に企画されたコンサート「なつかしい校歌をたずねて」(9月17日・伊賀市文化会館)を聴かせていただいたことです。

 情報誌「YOU」などでも紹介してくださっていましたが、事前に伊賀市内の旧小中学校校歌を収集、CD化するに当たり、楽譜が発掘できなかったものは校内に残る陶板の詞を撮影し、かつての在校生の記憶を頼りに歌ってもらい譜面を起こすなど苦心されたエピソードは興味深く、菅生先生の御解説とスライド撮影で各校の歴史や歌の誕生した背景を振り返りながら、伊賀地域の合唱団や第九でお世話になった先生方をはじめとする声楽家の皆さんにより市歌や昭和の名曲も含めて演奏がなされ、非常に充実した舞台でした。

 卒業した小中学校ともに廃校化の道をたどっていることから久しぶりで耳にした校歌は懐かしく、いじめや校内暴力で学校の荒廃化が進む当時、歌詞の美しさに心を洗われた思い出などもよみがえってきましたが、中でも嬉しく感じられたのは前日、御指導に見えた藤原先生が校区の情景をたたえる部分を独唱してくださったことでした。

 自分もその一人ですが、物理的・心理的な事情で同窓会の敷居が高く感じられる方々にもどこかでこのCDに接する機会を持っていただければ良いなと思いました。(田端泰子)

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

getterfunken

Author:getterfunken
名張第九を歌う会
ホームページ

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line